Beotope
e-Shisei Net
Webマガジン 身体の動き集 ダイエット 相談室 FAQ 無料素材集 ショッピング ブックス 居場所 会員登録 ログイン

ホッーーーーーと一息
CoffeeBreakな話題
喫茶店の日?

昨日、4月13日は「喫茶店の日」なんですって!
カフェ好きとしては、感心ある話題なのでご紹介します。

1888年(明治21)年4月13日、東京の上野西黒門町2番地(現在の台東区上野2丁目)に、
日本初の喫茶店「可否茶館」が開業したことに由来するそうです。

経営者は、鄭水寧と言う中国の方。

二階建ての青い洋館で、コーヒーを出すだけでは無く、
碁・将棋・トランプ・国内外の新聞も用意され、本や書画を見られたり、
シャワー室、更衣室、ビリヤード台、喫茶室、その上、クリケット場まで完備していました。

コーヒー1杯は、1銭5厘、牛乳入りコーヒーは、2銭、菓子付きコーヒーは、3銭、と言う値段。
メニューは他にカステラ・洋酒・ビールなどもあったそうです。
当時としては、ずいぶんおしゃれ(ハイカラ?)で文化的なお店の形態でしたね。

でも、残念なことに、その新しいライフスタイルが日本人に馴染めなかったのか、
4〜5年で「可否茶館」は、閉店してしまったそうです。

「うーん、残念!」

その後、リーズナブルな価格で、本格的コーヒーが飲める喫茶店が現れるのには、
20年余り時を待たねばならなかったようです。

1911年明治44年12月12日、現在の喫茶店の原型となったと言われている
「カフェ・パウリスタ」が、銀座に開店しました。

「カフェ・パウリスタ」については、長くなるので次に続きを…

さて、「可否茶館」の後日談ですが、1967年(昭和42年5月)年5月に
「阿佐ケ谷ゴールド街」(東京都杉並区阿佐谷南2丁目)に再び開店しました。

日本初の喫茶店「可否茶館」の創業者の鄭永慶さんのお孫さんが
開店当初の共同経営者の1人で、もう1人の共同経営者の長男、
小菅秀生さんに後日は、引き継がれました。

しかし、2011年8月31日に、JR東日本の関連会社からゴールド街の建て替えを理由に
立ち退きを迫られ、「地域に親しまれた店を残したかった」そうですが、
44年続いた歴史ある店は、閉店となりました。

「うーん、残念!」
歴史に残る、名店は、なんとしても残しておいて欲しいですよね。
文化財的価値があるでしょ。
もったないです。

2012.04.14

DL_NetDancingダウンロード_ネット・ダンシング