Beotope
e-Shisei Net
Webマガジン 身体の動き集 ダイエット 相談室 FAQ 無料素材集 ショッピング ブックス 居場所 会員登録 ログイン

ビオ・マートBio Mart

鳴り響いたトリノの金色の『鐘』!
記事を書く時間がなかなか取れず遅くなってしまいましたが…

イタリア・トリノで行われたフィギュアスケート世界選手権で、
浅田真央さんが、素晴らしい滑りをみせ金メダルを獲得。
嬉し〜〜〜い♪
良かったですね。

フリーをバンクーバー・オリンピックと同じプログラム「鐘」で決め、
総合197.58点。
2008年のスウェーデンでの世界選手権以来2年ぶり、何と2度目。
日本人の女性で、世界フィギュアスケート選手権を制したのは5人だそうですが、
2度の金メダルは、初めて。
立派です。

バンクーバーオリンピック金メダリストのキム・ヨナ(韓国)は、
調整不足か、合計190.79点で2位、ラウラ・レピスト(フィンランド)が
合計178.62点で3位。

浅田真央さんの「パーフェクト」を目指して積み重ねて来た真摯な努力が、
氷上に華開き、見事に金色の『鐘』が鳴り響きました。
演技終了直後の彼女の全身から溢れる「やり遂げた」という満足げな表情は、
金メダル以上の輝き。

帰国直後のインタビューで、「バンクーバー・オリンピックの時は、FSの途中で、
集中が途切れ…」と語っていましたが、今回は、そのような事もなく最後まで滑りきりました。
バンクーバー・オリンピックの反省に基づく、彼女のこれまでの集中力とファイトに、世界一の金メダルを!

浅田真央さん、19歳!
今後の更なる活躍が、ますます楽しみですね♪
2010.04.19
ブログ

ビオニャン・ショップ



広告掲載 | e-Shisei Netについて | サイト登録 | リンクについて | お問合せ