Beotope
e-Shisei Net
Webマガジン 身体の動き集 ダイエット 相談室 FAQ 無料素材集 ショッピング ブックス 居場所 会員登録 ログイン

ビオ・マートBio Mart ビオ・マートBio Mart

ブータン国王夫妻の笑顔
ブータンのワンチュク国王夫妻が20日(日)帰国された。
テレビのニュース等で拝見するご夫妻の笑顔の美しかったこと!

被災地を訪れ犠牲者を悼んだご夫妻が、
被災者の方々や被災した子供達を励まし、語った事。

紅葉で色づき始めた雨の金閣寺。
ご住職が、雨に濡れないようにと傘をさしかけた、
ご夫妻の思いやりのこもった仕草。
癒されるたたずまい。

衆院本会議場での国王の演説。

国内総生産(GDP)に代わって国民総幸福度(GNH)を提唱するワンチュク国王の国ブータン。
どんな国、なんでしょう?

「本当の幸せって何か?」をワンチュク国王夫妻のご来訪を機に考え直してみたらどうでしょう。

【参考データ】
○ブータンはヒマラヤ山脈の山あいの国。教育・医療は無料。
○ジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王(31)ジェツン・ペマ王妃(21)
○ブータンのGNH (Gross National Happiness)「国民総幸福度」

 1976年の第5回非同盟諸国会議で、ブータンのワンチュク国王の
「GNHはGNPよりもより大切である」との発言に始まる
「GNH」は、国の力や進歩を「生産」ではなく「幸福」で測ります。

 1960年代〜70年代初め、ブータンでは先進国の経験やモデルを研究した結果、
「経済発展は南北対立や貧困問題、環境破壊、文化の喪失につながり、
必 ずしも幸せにつながるとは限らない」という結論に達したそうです。
そこで、GNP増大政策をとらずに、人々の幸せの増大を求めるGNHという考えを発表し ました。
1999年にブータン研究センターが設立され、具体的な研究がスタートしています。

「幸福度ってなーに?」

2011.11.24

ビオニャン・ショップ