いい姿勢ネット e-Shisei Net Beotope
e-Shisei Net
Webマガジン 身体の動き集 ダイエット 相談室 FAQ 無料素材集 ショッピング ブックス 居場所 会員登録 ログイン
08.01.22
ビオトープ いい場所ガイド 不動産情報 田舎暮らし
イベンントのお知らせ
マリインスキー・オペラ「イーゴリ公」
■日 時:2008年2月1日(金)〜2月3日(日)
■場 所:NHKホール(東京)他
     ◇〒150-8001 東京都渋谷区神南2-2-1
     電話;03-3485-1751
■アクセス:最寄りの駅は原宿駅、明治神宮前駅で徒歩10分
      渋谷駅、代々木公園駅からは、徒歩15分
■料 金: S席-50,000円/A席-41,000円/B席-35,000円/C席-29,000円/D席-22,000円/E席-16,000円/F席-10,000円/最前列席-52,000円
■問合せ:ジャパン・アーツぴあ:03-5237-7711
     マリインスキー・オペラ

[指揮]ワレリー・ゲルギエフ [独奏・独唱]アレクサンドル・モロゾフ(Br)(Br) / ゲンナジー・ベズズベンコフ(Bs)(Bs) 他

これぞロシアのロマン、異国情緒溢れる大スペクタクル絵巻!
マリインスキー劇場による日本初上演・・・ ゲルギエフ、ついに伝家の宝刀を抜く!

「このオペラは、マリインスキー劇場の名刺だと思ってほしい」と、改訂演出を手がけたイルキン・ガビトフが語るこのオペラは、様々な民族・宗教を内包する雄大なロシアを、異国情緒溢れるボロディンの音楽に乗せて描ききった大作である。
時は1185年、南ロシアのイーゴリ公は、不吉な前触れに出陣を止める妻を振り切って、息子と共に遊牧民族ポーロヴェツ(だったん人)との戦いに赴くが、戦に負けて捕虜の身に。しかしだったん人の頭目、コンチャーク・カンは、敵ながら尊敬するイーゴリ公を手厚くもてなし、恋に落ちた自分の娘とイーゴリ公の息子の結婚も許す。そして最後には脱走するイーゴリを追討しない。
このオペラで描かれるロシアと東洋の接点、2つの文化の共存を許すエンディングなどは、様々な異文化を拒絶することなく吸収してきた大きなロシアを感じさせ、未来もそうありたいという望みを感じさせる。
この伝統的な作品に、ゲルギエフとマリインスキー劇場の今を背負う歌手がフレッシュな風を吹き込んだ。寥々としたメロディで有名な「だったん人の踊り」の場面では、バレエ団でも世界に名高いマリインスキー劇場ならではの、迫力のダンス・シーンが楽しめる。

指揮:ワレリー・ゲルギエフ
Conductor : Valery Gergiev

演出:エフゲニー・ソコヴニン  
Stage Director : Yevgeny Sokovnin

2001年版演出:イルキン・ガビトフ
Revival Stage Director : Irkin Gabitov (2001)

振付(だったん人の踊り):ミハイル・フォーキン
Polovtsian Dances choreography by Michel Fokine

 ◎掲載されているデータが掲載時から変更されてる場合があります。
  お出かけのさいには、問い合わせ先へのご確認をお願いします。


.

e-Shisei Netについて | サイト登録 | リンクについて | お問合せ