健康姿勢人
Beotope
e-Shisei Net
Webマガジン 身体の動き集 ダイエット 相談室 FAQ 無料素材集 ショッピング ブックス 居場所 会員登録 ログイン

姿勢人
e-Shisei Now
熱中症対策ABC
何という、猛暑でしょうか。
熱中症で、亡くなられる方や、体調を崩される方が多いという日々の報道に胸が痛みます。

太陽それぞれの方々が、熱中症対策をなさっているとは思いますが、お役にたてることがあるかもしれないので、まとめてみました。

A.熱中症って?
熱中症は、暑熱環境で発生する障害の総称。
熱射病・熱失神・熱けいれん・熱疲労等に分類され、この中で最も多いのが熱射病です。
また、熱中症というと、暑い環境だけで起こるものと思いがちですが、寒い環境下でもスポーツ等の活動中に死亡事故が起きているそうです。

B.症状
疲労感、虚脱感、頭重感(頭痛)、吐き気、手・足・唇のしびれ、めまい感、嘔吐、
頻脈(脈の速い状態)、皮膚の蒼白、多量の発汗、血圧の低下、
四肢や腹筋などに痛みをともなった痙攣(腹痛をともなうこともある)
意識障害、おかしな言動や行動、過呼吸、ショック症状、失神

C.予防方法
熱中症の発生には気温、湿度、風速、輻射熱が関係します。
同じ気温でも湿度が高いと危険性が高くなり、注意が必要です。

(室内外環境)
  1. 環境温度が30℃をこえる場合に、屋外炎天下での活動を控える。
  2. 気温が高い時には、活動量・活動時間を調節する。
    環境温度が30℃をこえるて屋外にいる場合は、15〜30分くらいおきに
    日陰に入り、体温が上がりすぎないようにする。
  3. 屋内にいる場合は、クーラーでの温度・湿度調整、扇風機の利用、
    換気、風通しを良くする等気をつける。
  4. 特に室内外ともに、身体が暑さになれてしまうこともあるので、
    そのことを忘れずに調節する。
  5. 就寝時は、風邪をひいたり喉を痛めたりしない範囲で、温度・湿度調整、風通しに気をつけて、睡眠不足にならないようにする。
  6. トイレ・お風呂場も、換気扇の使用や、窓を開けて風通しを良くする事等忘れずに。

(水分補給)

  1. できるだけこまめに水分を補給。
  2. 水分のみの過剰摂取は逆に水中毒(低ナトリウム血症)を引き起こすこともあるので、水分補給のときは、汗といっしょに失われる塩やミネラルを補う事を心がける。
  3. スポーツドリンクを飲む。
    簡単には、スポーツドリンクですが、ナトリウム濃度が低いため、病的脱水時に飲むとと低ナトリウム血症から水中毒を誘発する可能性があるので、注意してください。

【参考:蜂蜜梅水は、日本人の知恵】

蜂蜜梅水をつくって冷蔵庫につくりおき、スポーツドリンクを飲む合間に飲んでいるんですが、調子が良いです。
脱水症の改善に用いる経口補水液(成分;食塩、クエン酸ナトリウム、塩化カリウムとブトウ糖)に近い簡単に作れて美味しいドリンク(蜂蜜梅水)をつくって見ましょう。
500mLから1Lの水に梅干しと大さじ一杯の蜂蜜を加え、溶かすだけで簡単につくれます。
(1才未満の乳児には、蜂蜜を砂糖に変えたほうが良いようです)

塩分補給には、蜂蜜につかった梅干しも美味しくておすすめ。

(服装)

  1. 通気性の良い素材・デザインの服装を心がける。
  2. 帽子(時々、日陰等で帽子を脱ぎムレ無いようにすることを忘れずに)・日傘等で陽射しをカバーする。

(その他)

  1. 睡眠不足にならない。
  2. 休憩を取りながら体温調節をし活動することを心がける。

D.対処法

  1. 涼しいところに移動し衣服を緩め横になり安静。
    血圧が低くなっている場合は、足を少し高くして寝る。
    頭を少し高くしておく。
  2. 経口補水液やスポーツドリンク等水分と電解質を補給。
    ただし、冷たいものを大量に飲むと胃痙攣がおきることがあるので注意
    また、スポーツドリンクはナトリウム濃度が低いため、病的脱水時に飲むとと低ナトリウム血症から水中毒を誘発する可能性があるので注意が必要。
    特に乳幼児等には注意が必要で、経口補水液が望ましい。
    手近な物としては味噌汁などが有効。
  3. 水を霧吹きで吹きかけたり、濡らしたガーゼ、タオルなどで体を覆ってうちわ等であおぐ。(気化熱による冷却がもっとも効率的ですが、一気に水をかけるとショックが大きいので注意)
  4. 冷たい缶ジュースや氷・冷水を袋にいれ布で包んだ物を脇の下など、動脈が集まる部分にあてて冷やすのも有効。
  5. 早急に病院に行く。
  6. 救急車を呼ぶ。
2012.08.04更新